このページの本文へ

担い手支援だより(活動・取組紹介)

担い手育成特定資産事業 研究グループ活動紹介 ひとひら工房(八幡平市)                          

   八幡平農業改良普及センター 上席農業普及員 高橋 寿夫

 

 八幡平市から、規格外品のリンドウを活用した加工品開発に取り組む「ひとひら工房」を紹介します。

 ひとひら工房は、八幡平市安代地区でリンドウに携わる女性を中心とした8名のグループで、「リンドウのもったいないを有効活用する」を合言葉に、平成30年から「規格外リンドウの有効活用方法の研究」とのテーマを掲げ、担い手育成特定資産事業を活用しながら以下の活動を行ってきました。

〇 規格外リンドウを活用した新商品開発
 リンドウをドライフラワーやプリザーブドフラワーに加工する技術を習得したほか、加工したリンドウを使用したボタニカル雑貨の制作に取り組みました。
 
〇 リンドウPR、販路拡大に関する調査研究

 イベントや店頭での試験販売やアンケート調査を行い、リンドウのイメージ等を把握、アクセサリーなどのトレンドをリサーチし次の商品開発に活かしました。また、子供や大人への花育活動やワークショップによるリンドウPRを行いました。

 現在は市内外3店舗での委託販売や各地関係機関と連携を図りながらワークショップ、花育活動を続けています。

 今後もお客様のニーズに合わせた商品開発とイベント等での更なるリンドウの魅力発信を予定しており、益々の展開が楽しみです。

 
ひとひら ハーバリウム (1)
 制作したボタニカル雑貨
 
メンバー2

 研究グループ会員の皆様(ひとひら工房のリーフレットより抜粋 

「アグリネットワーク2021青年の集い」の動画公開について
昨年度は、新型コロナウイルス感染症対策として「農業青年活動実績発表県大会」の出場者及び出場者が営農する地域を所管する農業改良普及センターに参加を限定して、令和3年2月10日に開催しました。
そこで、当日参加できなかった方も視聴できるよう、当日の動画を「岩手県農村青年クラブ連絡協議会 Facebookページ」により公開しました。

公開内容

「アグリネットワーク2021青年の集い」 研究グループの発表と質疑応答

しずくいしホップチャレンジ

雫石町での産地化の可能性を探るための研究

グリーンツーリズム研究会

資源の再開拓、新たな農業観光コンテンツの開発に向けた研究

たきざわグリーンワークス加工研究部会

滝沢市農産物で添加物を抑えた加工食品の取組

ダニ剤さらば

下草管理の改善による殺ダニ剤を使用しない防除方法の検討

ひとひら工房

りんどうのもったいないの活用法~八幡平市をりんどう色に!~

岩泉ICT研究会

岩泉ICT研究会の取組

詳しくはこちら!

 

過去のものを全てご覧になる場合はこちらから