このページの本文へ

担い手育成基金助成事業

岩手県農業公社が実施している 『担い手育成基金助成事業』を就農ステージごとにご紹介します。
詳細については、各事業をクリックするか、岩手県農業公社までお問い合わせください。

ステージ1:職業としての農業選択期

農業って自分にもできる仕事?農業をもっと知りたい。
「農業」が職業の選択肢の一つとなるよう、農業への理解度・知識をさらに深める期間としています。
主に、高等学校生徒の農業体験学習、農業研究活動、農業大学校生の農業海外研修、
農業に関心のある方の農業体験やインターシップ等の支援をします。

実施事業

高等学校生徒学習活動支援事業

高等学校生徒の農業体験、学習活動経費の一部を助成します。

農業大学校生海外農業研修支援事業

農業大学校生が海外農業研修を実施する際の経費の一部を助成します。

就農相談者等フォローアップ事業

就農に関心のある方を対象に行う、農業体験やインターシップ等の短期研修にかかる経費の一部を助成します。

事業対象者
高等学校生徒・農業大学校生・就農志向者及び研修受入経営体

 

ステージ2:就農準備期

「農業」を自分の仕事にしたい!
技術研修、実践研修で農業を体験し、必要な知識・技術の基礎を身につける。

「農業」を職業として選択し、就農の準備をする期間としています。
主に、就農するために必要な技術・知識を身につけるための研修にかかる費用など、新規就農志向者等の育成支援をします。

実施事業

新規就農者等技術研修事業

岩手県立農業大学校が開催する「新規就農者研修(基礎コース)」の受講費の一部を助成します。

新規就農者研修支援事業

就農希望者の実践研修を受け入れる農業経営体に対して、研修生の指導にかかる経費の一部を助成します。

新規就農者研修体制強化事業

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金を含む。)(準備型)を受給する就農希望者(受給研修生)を受け入れる農業経営体に対して、研修生の指導にかかる経費の一部を助成します。

事業対象者
新規就農者・新規就農志向者・実践研修生及び受給研修生の受入経営体(県登録)

 

ステージ3:就農・経営自立期

農業で生活していく環境を整えたい!
長く続けていくために、経営内容の向上を目指す。

ステージ2の新規就農志向者等よりさらに進んだ段階で、就農時点~農業経営が自立・定着されるまでの期間としています。
「就農・経営自立期」は、①創業期②発展期③安定期の3つに分けられ、ここでは主に、①②における新規就農者の支援をします。

実施事業

新規就農者経営安定支援事業

家賃、研修費、施設・機械の導入費、農業経営経費、税理士等による経営相談に要する経費の一部を助成します。

地域経営資源継承支援事業

地域全体のサポートのもと、新規就農者の営農の早期定着化を図るため、中古の機械・施設等地域の経営資源の移設、修理(部品代を含む)及び取得経費の一部を助成します。

研究グループ活動事業

農業経営及び農家生活等の発展向上を図るための研究開発及び研究実践活動に取り組む農業青年グループへの支援をします。

事業対象者
新規就農者(認定新規就農者※)等、農業青年研究活動グループ
※認定新規就農者とは、就農計画を作成し、市町村長に認定された方

お問い合わせ先
公益社団法人岩手県農業公社 就農支援部
TEL:019-623-9390


担い手育成基金助成事業一覧