【2018年第4号】

遠野市
浅沼 快州・路子
平成27年7月(就農4年目)


経営概要

就農時:ほうれんそう5a
現 在: トルコギキョウ8a、スプレーギク4a、カンパニュラ2a、ほうれんそう10a、レタス10a

就農形態 親元就農
技術習得先 親・先進農家 普及センター
農地 50a
活用した資金・事業 青年等就農資金 青年就農給付金(経営開始型)
就農計画作成指導 普及センター
主な販売先 JA・産直
労力 2人(本人、妻)
資本装備 トラクター2台、ハウス6棟


就農の動機やきっかけ

実家が農家だったこと、前職がホームセンター勤務だったので、農業資材の知識が少々あったこともあります。また、自分の責任でできる仕事がしたかったことも大きな理由の1つです。

就農に向けた準備(農地、住宅、資金の確保等)

資金は自己資金と青年就農給付金です。農地は親からの移譲です。住宅は実家に住んでいましたが、今年同じ敷地内に新築しました。

就農してみての感想

特に、トルコギキョウは灌水や施肥、毎日の管理が非常に難しく感じています。品目や圃場にあった管理を行い、高品質の花き類を生産できるよう、毎日考えながら作業しています。

経営の特徴

小規模な経営でも、家族で必要な所得を確保することを考えています。花巻の産直にも出荷しているので、花巻地域の方とは時期をずらして出荷できるような品目を考えながら作っています。

地域からの支援

親や先進農家の方からご指導を受けました。今も研修会などに参加した時に、不明な点はよく質問させていただいています。

課題と対応方向

高品質の切り花生産を行うための技術向上です。毎日、試行錯誤を繰り返しながら作業を行っています。

今後の目標

品目の収益性を高め、安定した農業経営を目指したいです。

就農希望者へのメッセージ

農業は成功も失敗も全て自分の責任であり、他人のせいにできないところが魅力だと思います。