「農業を始めたい!」とおもったら、まずは就農相談に出かけましょう。

就農に向けたステップを踏むごとに、相談内容もより具体的に、専門的になってくるはずです。

就農相談のポイント

相談前に、自分が目指す農業のイメージを頭の中に描く

水稲、野菜、果樹、花、畜産と、一口に「農業」といっても、その内容はさまざまです。ひとつの作物を作るのか、ふたつ以上を組み合わせて作るのか。作物は、普通の畑で作るのか、それとも施設栽培を行うのか。「岩手だから、牛を飼いたい」あるいは「花が好きなので、リンドウを作りたい」など、どんな農業を目指すのか、就農相談に出かける前に、自分が目指す農業のイメージを頭の中に描きましょう。

アドバイス1

就農したい動機を明確にする
農業に将来を託して、生き甲斐のある仕事として成功させるためには、就農の動機を明確にすることが大切な第一歩です。その上で、多くの情報を収集することで可能性を探り、自分にあった農業の実現を目指しましょう。

アドバイス2

情報と基礎知識の収集
就農相談以外にも、周辺農家の訪問、インターネットによる情報検索、書籍の閲覧、農業体験の行事など、積極的に情報や基礎知識を収集しましょう。

アドバイス3

農業の現場を自分の目で確かめる
実際に農作業を体験してみたり、経営主や新規就農の先輩たちに話を聞くなど、農業の現場を自分の目で確かめることが大切です。特に、県外出身者が岩手県で農業を始めたい場合、相談窓口で視察先を紹介してもらった上で、何度か岩手県に足を運ぶことになります。また、できるだけたくさんの地域を視察することで就農条件などを比較して、自分にあった就農先を探すこともお勧めします。

岩手県が行っている就農相談

新規就農相談センター(岩手県農業公社、岩手県農業会議)は県内各地域にある農業改良普及センターや市町村、農業団体などと連携しながら、就農相談を行っています。

主な相談行事

「いわて就農相談会」、東京などで実施する「新・農業人フェア」「U・Iターンフェア」などの相談会のほか、随時電話やメールでも就農相談を行っています。

相談内容の事例

①自営か、法人就労か
②どんな作物を作るのか
③農業技術をどのようにして身に付けるのか。研修方法、あるいは研修先はどうか
④就農地をどこにしたいのか。
⑤どんな経営タイプを選ぶのか。(単作経営か、複合経営か)
⑥栽培方法は、露地栽培か、施設栽培か
⑦必要な農地面積はどれくらいか。
⑧労働力の確保は可能か。農地を購入、または借りることができるか。
⑨農業生産物の販売方法は。
⑩農業を始める資金(当面の生活・営農・施設・機械など)の確保と調達方法をどうするか(自己資金、借入資金と保証人を含めて)
⑪住宅の確保はどうするのか。
⑫営農先での生活条件は。
⑬営農計画は、どのようにして立てるのか。